チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

バラ新苗

チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

★バラのお手入れ「ちょっとワンポイント」

みなさんこんにちは。
今回はバラの新苗についてお話します。

バラの新苗は、3号~4号サイズのポットに植えられて販売しています。
新苗には「接ぎ木苗」と「挿し木苗」があります。
接ぎ木苗とは、咲かせたいお花の芽や枝を、ノイバラなど原種のバラにくっつけたバラのことです。
挿し木苗は、咲かせたいお花の枝を、土に直接挿したバラをいいます。
バラの品種の特性によって接ぎ木で販売するか挿し木で販売するかを決めたり、接ぎ木を推奨する方挿し木を推奨する方で分かれるなど、どちらの方法で生産するかの理由は様々です。

接ぎ木苗のことをもう少し掘り下げてみましょう。

接ぎ木苗には2種類の接ぎ方があります。
夏から秋にかけてノイバラにバラの芽を接ぐ「芽接ぎ」と、12月から1月の冬にノイバラにバラの枝を接ぐ「切り接ぎ」です。
「芽接ぎ」と「切り接ぎ」の見分け方は?
接ぎ木部分のテープです。テープが巻かれていないバラが「芽接ぎ苗」で、巻かれているのが「切り接ぎ苗」です。

お客様に「テープが巻いてある方が安心ね」と言われたことがあります。
確かに「芽接ぎ苗」を扱う際に強い衝撃を与えたり、新芽の部分を持ってブラブラさせたり(そんな人はいないと思いますが・・・)すると、接ぎ木部分から折れてしまいます。
ですが、それはテープが巻いてある「切り接ぎ苗」も一緒です。

秋以降はテープをはがしますので、どちらの苗が優秀な苗かというのはありません。
同じ品種で別々の接ぎ方の苗があった場合は、元気の良さそうな方を選ぶのが一番です。

新苗は春販売するのにも皆さんが購入して持ち帰るのにも便利な小さなサイズです。
裏を返せばそのサイズでは小さすぎて大きく育ちません。
地植えでも鉢植えでも手元に苗がきたらすぐに植えることが肝心です。

店頭に並んだバラ新苗(撮影/2018年)
店頭に並んだバラ新苗(撮影/2018年)

■2021年京成バラ園「バラ新苗」販売予定
◇ネット通販/3月中旬~(納品:4月下旬~) ネット通販
◇ガーデンセンター/4月中旬~