チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

冬剪定(後編)

チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

★バラのお手入れ「ちょっとワンポイント」

みなさんこんにちは。

今回は1番枝、2番枝、0番枝の見分け方をお伝えします。

昨年8月にお伝えした夏剪定の時も見分け方はお伝えしました。
その時は「葉っぱが付いていれば葉っぱの付き方で」「葉っぱが無ければトゲの色で」と書きました。
全く一緒です。
昨年8月の回を再度確認される場合は、下記のURLからどうぞ。
https://www.keiseirose.co.jp/garden/blog/tips/5767/

ここで気を付けたいことは、トゲの色です。
夏とは違い、1番枝のトゲが0番枝と同じように白くなっている品種があります。
寒さにあたり枝が固まっている証拠です。
バラの株元から太くて勢いの良いシュートを出す、大輪花が咲く品種に多く見られます。
慌てずよく観察して確認しましょう。
株の全体像
株の全体像

赤色が1番枝です。この枝を出しているのが0番枝です。真ん中の1番枝はトゲが白くなっています。
赤色が1番枝です。この枝を出しているのが0番枝です。真ん中の1番枝はトゲが白くなっています。

そんな時の解決法をお伝えします。
早口言葉のように数字が並びますので慌てず読んでください。

秋にお花がついたバラであれば、この方法で見分けられます。

1.株全体を見ます。先端の枝すべてが3番枝、あるいは4番枝のはずです。
※理由は、夏剪定は2番枝、3番枝で切るからです。その枝から出てきた枝なので3番枝、4番枝になるはずです。
株の全体像
株の全体像

この枝を見ます。
この枝を見ます。

花がらの枝が4番枝、黄色が3番枝です。
花がらの枝が4番枝、黄色が3番枝です。

2.先端の3番枝、4番枝を出している枝が、2番枝、3番枝です。夏に剪定した枝ですね。
青色が2番枝
青色が2番枝

3.2番枝、3番枝を出している枝が、1番枝、2番枝です。
赤色が1番枝です。
赤色が1番枝です。

どうでしょうか?1番枝は見つかりましたか?

秋に花が咲かなかったバラは・・・

黒星病などで葉っぱが落ちたりした影響で、良く育っていないバラだと思います。
そんな時は「~番枝」などと考えずに、浅めに切ります。

夏剪定はしなかったという方は?

何回咲いたか、何回咲きガラ切りをしたかで逆算してみましょう。
忘れてしまった方は?・・・僕にはどうしようもできません(笑)
今年の春からは覚えておくようにしましょう(笑)

2週にわたって冬剪定をお伝えしてきましたが、いかがでしょうか。
この文章を書きながら思い出しました。
僕が多大な影響を受けたあのヘッドガーデナーの言葉です。
「絶対にしてはいけない切り方だけ覚えなさい。後は切っている内に覚えてくるから」

色々書きましたが、僕がいま目の前で切っているバラを皆さんが切っているわけではありません。
どんなに説明しても、皆さんと僕が同じように切ることは不可能です。
ただ、この切り方を僕が教わった時の「目の前がパァ~と晴れ渡った」ような感動を、皆さんに少しでも味わっていただきたい一心でお伝えしました。

100点満点の正解はありません。僕なんか未だに切るとき迷います。
参考程度にしていただき、皆さんに合った剪定を見つけてみてください。
春になったら、どのように咲いたか、自分の狙った通りに枝が出てきたか?も忘れず確認を!!