電気系統メンテナンスに伴うシステム一時停止のお知らせ
2020年7月21日(火) 18:30~24:00 ごろまで

電気系統メンテナンス実施のため、上記の期間弊社の全てのホームページ(コーポレートページ、バラ園ページ、ネット通販ページ、販売店様サポートページ)がご利用できなくなります。
また、上記時間帯は弊社への外線電話、FAXおよびEメールも不通となります。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

バラの消毒

チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

★バラのお手入れ「ちょっとワンポイント」

みなさんこんにちは。今回はバラの消毒です。

3月に「バラの消毒」をお伝えしましたが、今回は6月梅雨時のポイントです。
バラにとって最大の、そして最恐の敵といって良いかもしれません。
「黒星病」です。
症状が酷いものは5月中からすでに発生して、「すべての葉っぱが落ちてしまった」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

◎予防のポイント
現在、黒星病が抑えられているバラは、「病気に強いバラ」か「病気の予防ができているバラ」になるかと思います。
しかし、この先の梅雨時期がもっとも用心する季節ですので、以下のことに注意して引き続き防除しましょう。

1)バラをよく観察しましょう。
黒星病の症状が出ていないかや、数種類のバラをお持ちの方は黒星病が一番出やすい品種を覚えておきましょう。
症状が出ている葉を一枚でも見つけたら、消毒を心がけましょう。
広範囲に広がってからでは、病気の進行を止めることが難しいからです。

2)黒星病用の消毒液を2~3種類用意しておきましょう。
1種類の消毒液では、かけ続けると黒星病に対する効き目が悪くなってしまう恐れがあります。
また、殺菌剤のほかに展着剤も混ぜると、雨の影響で消毒液が落ちるのを軽減できます。

3)「雨の降る前」「雨の降った後」に消毒をする。
梅雨時でも雨が降らない日が続いたりします。そんな時は降雨の前日に消毒しましょう。
逆に何日も降り続けていて消毒できない時は、雨があがった時に消毒しましょう。

◎治療・復活のポイント
すでに葉っぱが落ちてしまっているものは、これから8月いっぱいまでの間、花を咲かせずに育てましょう。
新苗を育てる要領と同じで、バラの蕾を大きくなる前に取り続けましょう。
そうすることで養分を浪費せず(花を咲かせること)、溜めていく(葉を増やすこと)ことができます。

その際の注意点をいくつか。

1)病気の葉っぱはすべて取り除き、落ちているものもきれいに掃除しましょう。

2)水やりを適切に行いましょう。
「耳にタコ」ができるほど書きますが、この場合は「目にタコ」でしょうか・・・
水やりは「乾いたら」です。葉っぱが落ちている分、晴れていても暑くても乾くのが遅いはずです。
葉っぱがないと「汗をかけない」「トイレにいかない」状態なので、水をあげても根腐れの原因になってしまいます。
適切に行いましょう。

3)水やりと一緒に液体肥料などを与える。
前回の「施肥」でお伝えした液体肥料などを、水やりの際に一緒にやるとよいでしょう。

4)消毒もきちんとしましょう。
葉っぱが出てきても、それがすぐ黒星病になるかもしれません。現状でも消毒をしましょう。

 

黒星病の葉
バラを弱らせる最大の原因「黒星病」

 

▼おすすめ治療薬等

【殺虫殺菌剤】ベニカXネクストスプレー
【殺虫殺菌剤】ベニカXネクストスプレー

 

【殺菌剤】サプロール乳剤
【殺菌剤】サプロール乳剤

 

【殺菌剤】サルバトーレME
【殺菌剤】サルバトーレME

 

【展着剤】ダイン
【展着剤】ダイン

 

※薬剤各種はネット通販でもお求めいただけます。ネット通販へ