チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

バラの植替え Vol.1

チーフガーデナー佐々木の日々是薔薇

みなさんこんにちは。チーフガーデナーの佐々木です。
本年もよろしくお願いいたします。

★バラのお手入れ「ちょっとワンポイント」

今回は「バラの植替え」です。
まずは鉢植えで楽しむ場合です。

関東以西にお住まいの方は寒さが本番を迎えた今の時期が植替えの適期です。
九州の南や四国の高知県など、バラの開花が4月下旬から5月上旬の地域の方は
12月中に行うのが良いでしょう。(まだの方はすぐに行いましょう)
寒冷地にお住まいの方は最低気温が0度前後になってきたら行いましょう。
(積雪の有無は関係ありません)

次にサイズによる植替えの頻度をお伝えします。
6号鉢以下 ・・・ 2年に一度
7~8号鉢 ・・・ 3~4年に一度
9号鉢以上 ・・・ 5年に一度、もしくは部分的な土替え

上記は根詰まりの目安です。その年数が過ぎていても生育が良ければ、あえて植替えを行う必要はありません。
逆に毎年植替えすることも可能です。その場合は毎年根をいじることになるので大きな株に生長しにくくなります。
大きくしたくない方にお勧めです。大きい鉢の部分的な土替えというのは、鉢に植わったまま外側の土2~3cm程を
スコップなどで取り除いてその部分だけ新しい土にすることです。大きい鉢は大変ですからね。

植替えの際に使用する土ですが、市販されているバラ専用の土が最適です。
これは土、堆肥の他に通気性や保水性に優れた成分があらかじめ配合されているのでとても便利です。
その際、鉢底の穴が大きい場合や鉢のサイズが大きい(9号鉢以上)場合は鉢底石を最初に敷きましょう。

植替えの際の肥料ですが、与えないことがベストです。
(バラ専門の土に、配合されている場合はかまいません)
植え替えたばかりのバラはとてもデリケートです。
新しく出た若い根が肥料の成分に負けることもあります。
春の新芽が3~5cm伸びた時に土の上に肥料を施します。それまでは必要ありません。

水やりですが、11月に配信しました「鉢植えの水やり」を覚えていらっしゃいますか?
乾いたらあげるようにしてください。季節は冬ですし、休眠期ですので4~5日も乾かないことがほとんどです。
湿っていれば水やりは必要ありませんのでご注意ください。

次回は地植えのバラの植替えです。

 

京成バラ園チーフガーデナー 佐々木猛