バラコラム

「宇宙を旅したミニバラ」

バラコラム

  オーバーナイトセンセーション
ケネディー宇宙センターからスペースシャトル・ディスカバリー号が打ち上げられました。
そのときに微小重力が花の香りにどのような影響を及ぼすのかを調査する実験を行い、その実験に参加したのが日本人の向井千秋さんでした。
このバラが選ばれた理由は苗木が小さいミニバラであること、強い香りがあること、花の形が整てっていること、前実験で3Gの重力に耐えられることが選ばれた理由になりました。
実際、無重力空間で香りを嗅ぐと重力のある地上でよりも強い香りがしたといわれています。
皆様もぜひこの宇宙を旅したバラ「オーバーナイトセンセーション」の素晴らしい香りを楽しみ宇宙に思いをはせてみてはいかがでしょうか。