バラコラム

さあ、これからバラをはじめよう 「とある家庭」編

バラコラム

(コラム担当:大川原)

今回は、「とある家庭」のお話から始まります。
奥さん:「ねぇねぇ・・・お隣さんのお庭、すごくきれいだね」
    「特に、あのピンクの可愛い花が壁一面に、ご近所でも有名になっていたわよ」
    「我が家の庭でも、あんな風にバラをそだててみたいなぁー」
旦那:「そうだなぁ~。我が家の庭は、純和風だからなあ」
奥さん:「うちもバラを植えましょうよ」
旦那:「でも、バラは難しくないかぁ~」
奥さん:「お隣さんは旦那さんが管理しているみたいだけど、コツさえつかめば簡単って言ってたわよ」
    「あたし、やるわ!!何かあったらお隣に聞いてみましょうよ」
旦那:「そうだな、おれも手伝うよ」
こうして、「とある家庭」のバラ栽培がはじまりました。
奥さん:「ねぇ、あなた、これを見て」
    「お隣さんからバラのカタログを借りてきたのよ」

旦那:「どれどれ・・・すげーぇ!!バラってこんなに種類があんのー」

奥さん:「このカタログで、だいたい600種類位あるらしいわよ」
旦那:「600種類って・・・こないだ行った園芸店で100種類位、置いてあったけど、その6倍の品揃えって・・・」
奥さん:「100種類でもすごいと思ったのにね~」
旦那:「よし、このカタログから選ぼう!!」
こうして、2人はバラのカタログとにらめっこ!!
そして、しばらくたった時の事・・・・・
旦那:「あ~~~っ!!品種が多すぎて、訳がわからなくなってきた・・・・」
奥さん:「そう言えば、忘れてた!!お隣の旦那さんが、たくさんの種類から簡単に選ぶ方法を教えてくれたの」
旦那:「えっ!!そんな方法あるの!?」
奥さん:「ページを見ながら、なんとなく写真を見るでしょう」
    「もし、お気に入りの写真が見つかったら頁(ページ)の上を見るの」

奥さん:「『鉢・花壇』のマークは木バラ
    「『つる仕立て』はつるバラ
    「そして『兼用』はコンパクトなつるバラで、木バラにもつるバラにも使える万能タイプだそうよ」
旦那:「えっ~~~!!早く言ってよ!!」
奥さん:「ごめん、ごめん・・・」
旦那:「じゃあ、もう一度最初から見ていこうか」
奥さん:「気に入ったバラに、付箋を貼っていくね」
旦那:「おーっ!!今度は予習が出来ているからサクサク決まるぞ」
奥さん:「言い忘れて正解だったね」
旦那:「ハイ・・・ハイ・・・(笑)」
そして、「とある家庭」では、「つるバラ」や「木バラ」を注文することとなりました。
また、しばらくカタログを見ていた旦那さんは、あることに気付きます。
旦那:「なになに・・・・、これからの時期は大苗の注文らしいぞ!!」
奥さん:「えーと・・・4.5号角鉢と裸苗があるのね」
旦那:「おっ!! 12頁に詳しく載ってるな」

奥さん:「わぁ~、裸苗の方が300円安いわ♪」
    「家計を預かる私としては300円安い裸苗を推奨いたします」
旦那:「なんで・・・・・・?」
奥さん:「お・こ・づ・か・い・・・減らされたくないでしょ」
旦那:「とほほほほ・・・・・・・」
こうして、「とある家庭」のどたばたバラ栽培は始まりました。
<カタログのご購入はこちらからどうぞ!京成バラ園芸ネット通販>
◆2017-2018京成バラ園芸オリジナルカタログ >>> PC用  スマートフォン用