About バラコラム

ブログ「バラコラム」のカテゴリ「バラコラム」に投稿されたすべてのエントリのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type

メイン

バラコラム アーカイブ

                      

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

                    

2008年08月22日

意外といけてるジョージベスト

(チーフアドバイザー:村上)


花の形も色も格段に良いわけでもなく、促成で咲かせた株はシュラブのように間延び気味。
最新品種の中でとりたててお勧めするまでもない品種と思っていましたが、この夏の咲きっぷりのよさ、真紅とはいえないまでもいい色を保ったまま長持ちする花、耐病性の良さに感服しました。
確かにミニとしては大柄ですが、修景バラとしてはシュラブのように木が暴れることもなく、低農薬栽培できる扱いやすいバラです。
間延びしてだらしなく見えていたのは促成には向かない品種だったからなのですね。
ガーデナーとしては夏でもバラを楽しめる完全四季咲きの大型ミニバラとして、切花の場合も、花立ちの良さ、花もちの良さ、加えてほのかに香る甘い香りも楽しむことができるバラとして重宝することでしょう。


作出国 :イギリス
作出会社 :ディクソン
系統 :修景ばら(大型のミニばらとしても使用可能)
樹高 :0.6~0.8m
花の大きさ :5cm
香り :ほのかな甘い香り

         

2008年08月08日

素晴らしい花つきのバラ「優花」

(バラ担当:大川原)


先日、お客様より「ベランダでいろいろな種類のバラを育てたいが、場所が狭いのであまり大きくならないバラを紹介して欲しい」とのご相談を受けました。
現在、京成バラ園ガーデンセンターでは、年間を通し約1000種類のバラを販売しています。
今回はその中でも、より花付が多く、コンパクトな品種「優花」を紹介したいと思います。



作出国:日本
作出社:京成バラ園芸
系統:四季咲き中輪系
花の大きさ:10cm前後
芳香:微香

このバラは私が知っている四季咲き中輪系の中でも、樹形と花付のバランスがもっとも素晴らしい品種です。
特に、四季咲き性がとても強く、株もコンパクトなので5号~6号鉢と小さい鉢の栽培でも非常に多くの花を付けてくれる優良品種です。


  
優花の一枝            蕾や花を数えてみました

上の写真は、実際、京成バラ園のローズガーデンで、8月5日に切った一枝です。蕾や花の終わった部分を数えてみると45個確認ができました。

 なお、現在ガーデンセンターでは、人気品種の5号鉢を2500円で販売中です。「マリーアントワネット」や、夢のような香りの「夢香」など多数取り揃えております。この機会をお見逃し無くご利用くださいませ。

商品取り扱いリストはこちら

         

2008年07月25日

夏を涼しげに彩る純白の花 「ホワイト・メイディランド」

(バラ担当:大川原)


暦の上では大暑を迎え、一年で一番暑い夏の時期を迎えました。
これからのそんな季節におすすめなのが、純白の涼しげな花をたくさん咲かせてくれる花「ホワイト・メイディランド」です。

  
オールドローズのような花

作出国:フランス
作出社:メイアン
花径:6~7cm
分類:半つる性
樹高:1m位

この花は、オールドローズを思わせるロゼット咲で、花付が良く5月中旬から晩秋まで絶え間なく咲き続ける素晴らしい品種です。
花保ちも良く、切花としてお部屋に飾っても長く楽しめる品種です。
耐暑性も抜群で、昨年のような酷暑でもたくさんの花を付けていた多花性の品種です。
これから夏本番の時期、うちわでもあおぎながら純白の花を観賞し、少しでも暑い夏を涼しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

なお、現在京成バラ園ガーデンセンターでは、お越しいただけないお客様の為に、代金引換えによる販売を実施しております。
取扱商品は「イングリッシュ ローズ」「デルバール社のバラ」「ギョー社のバラ」などの当社の通信販売やインターネットで取り扱いのない商品限定です。
送料は地域やアイテム数により異なりますのでご確認ください。

電話番号 047-459-3347
営業時間 10時~18時(季節により営業時間が変わることがあります)

         

2008年07月11日

「月」にまつわるバラたち

(バラ担当:大川原)


1969年7月19日、ある一人の男が世界中の注目を集めていました。
その男の名は「二―ル・アームストロング」アポロ11号の船長として世界で始めて月面におりたった宇宙飛行士です。
その出来事は衛星中継で放送され、世界中で約10億人の視聴者が人類初の決定的瞬間を見守っていました。

今回は、そんな「月」にちなんだバラを、京成バラ園芸作出品種からご紹介したいと思います。


かぐや姫(四季咲き大輪系)
竹取物語で有名な、かぐや姫の名前を冠したバラです。
非常に強健種で、日本バラ会のコンクールにおいては「香りの大賞」を受賞したほど、香りの良い品種です。初めてバラを栽培される方には、非常にお勧めな品種です。


月光(四季咲き大輪系)
花色・形・香りと3拍子そろった素晴らしいバラです。
形がとても美しいため、切花としてコンテストでも良く使われるので、お部屋の中で飾ってみてはいかがでしょうか? お部屋の中がとても明るくなる素晴らしい色合いです。


秋月(四季咲き大輪系)
かなり前の話ですが、秋風が吹く満月の夜に、巨大な黄色い花が月明かりに照らされてるのを見て、とても感動したことがあります。
その話を、日本語の上手なフランス人のお客様に話したら「秋月は日本の心を持っている良いバラですね」と言われました。
このバラはとても花が大きく、15cmを超える巨大輪で咲くこともある見事な品種です。まさに、秋月のイメージにぴったりな風情あるバラですね。

         

2008年06月27日

素晴らしい受賞歴のバラ「ザ・マッカートニー・ローズ」

(バラ担当:大川原)



作出国:フランス
作出社:メイアン
花径:12cm
種類:四季咲き大輪系
芳香:強香

今回のザ・マッカートニー・ローズは、元ビートルズのメンバー「ポール・マッカートニー」の名前を冠したバラです。
私が始めてこのバラに関心を持ち始めたのは、当時のビートルズのコンサートを見に行った知り合いの家に遊びに行き、庭の真ん中に大きく育ったザ・マッカートニー・ローズを見た時でした。
その方は、ザ・マッカートニー・ローズを切花にして、大好きな紅茶を飲みながら、ビートルズの音楽を聴くのがとても大好きで、特にポール・マッカートニーには特別な思い入れがあるとの事でした。
このバラはとても香りが強く、生育が旺盛で、あの厄介な黒星病にも強く、初心者でも育てやすいバラです。

受賞歴も素晴らしく、世界最多の24個の賞を受賞したバラです。


あなたも「ザ・マッカートニー・ローズ」の花を、ビートルズの名曲とともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

         

2008年06月20日

最高の花付き「クンバヤ」

(バラ担当:大川原)


私がクンバヤの花を見たときに一つの疑問が生まれました。
「このバラはいったいどの位の花数を咲かせているのだろうか?」
早速、次の日の早朝、ガーデンセンターの一角に咲いていたクンバヤの花や蕾の数を数えてみることにしました。
その株は大苗を植えてから4年たったもので 、薬剤散布や肥料などはほとんど行っておらず、日当たりもあまり良くないフェンスの影にありました。
数を数えるにあたり、となりの株を間違って数えないように大きなダンボールで囲いを作り、摘み終わった花や蕾は小さな袋に50個ずつまとめました。
この数を数えた結果と感想については文章の終わりに発表いたしますので、最後までご覧くださいませ。


クンバヤ

作出国:フランス
作出社:メイアン
花形:一重咲き(花弁数5枚)
花系:3~4cm
樹高:60~70cm
系統:FL(四季咲き中輪系)
芳香:微香

このバラは四季咲き中輪系の中でも、花の大きさが3~4cmと小さい種類です。一枝に20~30輪花を付け、花保ちが非常に良いために、満開になったときには緑の葉がほとんど見えなくなる咲き方をするのでとても見事です。
病気にも強く、あの厄介な黒星病にもかかりにくい品種です。
株は非常にコンパクトで、鉢植え栽培でも簡単に育てることが出来ます。初めてバラを育てたい方にはとてもお勧めな品種です。
ちなみに、花名は美味しいコーヒーで有名なエクアドルの地名に由来するそうです。


さて、数え終わった結果ですが、格闘すること1時間、ようやくすべての花が摘み終わり、花の数を数えてみると、528個と驚くべき数量となりました。農薬をまったくかけてなかったにもかかわらず、黒星病の発生もなく、非常に元気に育っておりました。
花付きも良く、咲きガラさえこまめに摘めば、寒くなるまで絶え間なく咲き続ける非常に優秀なバラです。
あなたも、このクンバヤで「咲きガラを摘み続ける作業がとても大変」と言う嬉しい悲鳴を体験してみてはいかがでしょうか。

         

2008年06月13日

父の日の贈り物に黄色いバラはいかがですか? 「伊豆の踊子」

(バラ担当:大川原)


6月15日 日曜日は、父の日です。
父の日とは、毎日汗水流して働いているお父さんに、感謝の気持ちを表す大切な日です。
日頃から頑張っているお父さんに感謝の気持ちを込め、黄色いバラをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、京成バラ園芸でとても遅咲きの黄色いバラ「伊豆の踊子」を紹介いたします。


伊豆の踊子

作出国 フランス
作出社 メイアン
性質 四季咲き中輪系
芳香 中香


このバラは、毎年父の日頃に見頃を迎える、非常に珍しい遅咲きの黄色のバラです。
株も強健で、病気にも強く昨年の酷暑でもたくさんの花を咲かせていました。
株が充実するまでは半剣弁高芯咲きと、写真と違った咲き方をしますが、株が充実してくると見事なオールドローズのようなロゼット咲きになります。
本種の様な黄色の遅咲き品種がとても少ないため、とても貴重な存在です。他の黄色い品種が咲き終わった頃から楽しめるバラなので、同じ黄色を持っている人でも開花期をずらして楽しむことが出来ますよ。
ちなみに、「伊豆の踊子」はフランスのメイアン社より、静岡県の河津桜で有名な河津町に贈られたバラです。海外では「カルト・ドール」の名前で販売されています。

ガーデンセンターに来るお客様とお話していると、なぜか女性は圧倒的に淡いピンクのバラを好み、男性は鮮やかな濃い黄色のバラを選ぶ傾向があります。不思議ですね。
また、黄色は活気や金運を象徴するラッキーカラーです。そう言った意味でも、幸運を運んでくれる黄色いバラをプレゼントし、毎日頑張っているお父さんを応援してみてはいかがですか。

         

2008年06月06日

遅咲きのつるバラ「ジャスミーナ」

(バラ担当:大川原)


今回は、当社で取り扱っているつるバラの中でも、遅咲きのつるバラ「ジャスミーナ」を再び、ご紹介したいと思います。

   
ジャスミーナ

作出国 ドイツ
作出会社 コルデス
花色 ピンク 中心ピンク
花径 5~7cm
香り 微香
種類 つるバラ

私がこ のバラを初めて見たときは6月中旬頃、まさに、これから花を散らそうとしているときでした。桜のようにひらひら と花びらが散る姿を見て、「散り際まで美しいバラだなー」と感傷的になったのを思い出します。
花は銘花「ピェールドゥロンサール」を小さくしたような形で、ややうつむき加減で咲いている姿がとても可愛いらしいです。
このバラはとても病気に強く、少々の日陰でもよく育つ強健なつるバラです。

この名前を聞いたときに、ジャスミンの様な強烈な香りを想像していたのですが、予想に反して微香でした。しかし、微香の中にも、とても心が落ち着く香りがあります。
ちなみに、知り合いのドイツ人の方に、ジャスミーナってどんな意味があるのかをたずねたところ、「女性の名前でよく付けられている名前だよ」とのことでした。どういう意味でこの名前が付けられたかはわかりませんが、非常に気になるところですね。

         

2008年05月30日

四季にわたり繰り返し咲く品種「タイムレス’98」

(バラ担当:大川原)


毎年、庭園が見頃を迎えると、バラが一斉に咲き乱れ、とても見事な景色になります。
心の中では「全てのバラの一番美しい瞬間を見たい」と思っていますが、全部の種類を見るにはあまりにも時間が足りません。観賞期が早すぎて咲いていなかったり、油断して一番美しい姿を逃したりといろいろです。
「1日の明るい時間がもっと多ければ、もっと多くのバラの生育状況を確認できるのに」と思うことがしばしばありますが、限られた時間では、すべてのバラを見つくす事は出来ません。

今回は、もっと開花している期間が欲しいと言うことで、時間という概念を忘れさせてくれる「タイムレス’98」を紹介いたします。



タイムレス’98


このバラは、私の知っている大輪系の赤でも、四季にわたり繰り返し良く咲いてくれる品種です。
また、私の一番大好きな大輪系赤色の品種でもあり、お客様に説明をするときもこのバラだけは、思わず力を入れて説明してしまいます。
大輪の中では花系が10cmと小ぶりですが、1枝に3~5輪の房咲き(スプレー咲き)とあって鉢植え栽培においても、たくさんの花が楽しめる品種です。
四季を通じて、本当によく咲いてくれるので、赤バラをお探しの方には自信を持ってお勧めできる品種です。

タイムレスの言葉の意味には、「時代を超越した」とか「永遠」という意味があります。
京成バラ園では何百年前の古いバラから、つい最近発表した新しいバラまで、いろいろな世代のバラたちを観賞することができます。
ぜひ、あなたも時代を超越した銘花や、新しい品種の優秀なバラたちの素晴らしい共演を見に来てみませんか。

         

2008年05月23日

早咲きのバラ大集合

(バラ担当:大川原)

今回は早咲きのバラについて、分類別に紹介したいと思います。
いずれも開花期が他のバラよりも少し早い品種です。


原種代表「ロサ ユーゴニス」
当社で取り扱っているバラの中で、一番最初に咲く品種です。
このバラは、咲き始めてから約10日間位で花が散ってしまう品種です。
開花時期が他のバラよりも3週間~4週間ほど早く、また開花期もとても短いため観賞するのが困難な幻の品種です。
私は、毎年この花が咲くと「今年もたくさんのバラと出会えますように」と願いを込めて観賞しています。
今年は花が終わってしまい、写真でしかお見せすることができませんが、来年こそは実物の花を観賞してみてはいかがでしょうか。予想以上に感動しますよ。


オールドローズ代表「ロサ キネンシス オールドブラッシュ」
「四季咲きのバラはこのバラから始まった」と言われるくらい現代バラの作出に大きく貢献した品種です。
このバラは春から秋遅くまで本当によく咲く品種です。
中国では「月季花」など呼ばれ、古来より親しまれてきたバラです。
ちなみに我が家では毎年お正月までかわいい花を楽しませてくれる品種です。

  
つるバラ代表「カクテル」
このバラは四季咲き性抜群の品種です。
当社の現代バラの中では最も早く咲くつるバラです。
一度、春から秋まで何回咲くか数えたら、5月~翌年の1月までに5回の花付を確認しました。初めてつるバラを栽培する方にはとてもお勧めな品種です。
カクテルの詳細はこちら


四季咲き大輪代表「リオ サンバ」
当社で取り扱っている四季咲き大輪の中で、最も早く咲く品種です。
その咲き方は、まるでブラジルのリオデジャネイロで行われるカーニバルを思わせるとても賑やかな咲き方です。
この花がローズガーデンで咲き出すと、お客様の来園数がとても多くなり、毎日バラのカーニバルが開催されているような気分になってきます。
いわば、当園の招き猫みたいな存在です。

今回は当社で扱っているバラで早咲きの品種を紹介いたしました。
このバラたちを見るには、通常のバラの開花期よりも早く来なければなりません。
今年は観賞期を逃してしまった方、来年は、いつもよりも少し早く来てみませんか。
今まで会えなかったバラたちに会うことができますよ。

                                

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12