About

2013年08月02日 09:26に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「第3回 何でも勝手にランキング!!「お勧めの四季咲き性 白バラ ベスト3」(大輪・中輪含む)」です。

次の投稿は「バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!  鉢植え版(後編)」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type

« 第3回 何でも勝手にランキング!!「お勧めの四季咲き性 白バラ ベスト3」(大輪・中輪含む) | メイン | バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!  鉢植え版(後編) »

バラコラム カテゴリー
バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!  鉢植え版(前編)

(コラム担当:大川原)

売り場でよく聞かれる質問の上位に、

「この苗木を買った場合、どうやって植え替えるの ?」

この質問は、売り場に出ると、必ずと言って良いほど、良く聞かれる質問です。

京成バラ園では、年間を通し、様々な用土や肥料、また園芸グッズを取り扱っています。

毎年、色々な新商品が出る園芸資材。

当然、新しモノ好きの大川原にとっては、こんな嬉しいことはありません。

「お客様に説明するために、自分で使ってみなくては・・・」

手を替え品を替え、また、色々な商品を組み合わせて楽しむ幸せは、小・中学校に行った夏休みの自由研究を思い出し、とても、ワクワクする至福のひとときです。

今まで、京成バラ園芸で販売している様々な肥料や用土を使い、形式や常識にとらわれない発想で、ありとあらゆる方法を、数限りなく試してみました。

今回は、その中で、最も生育の良かったバラの植え方をご紹介していきたいと思います。

まずは、植え替えをするための準備をするアイテムからの紹介です。


◆◆ 使用する材料 ◆◆


植木鉢

今回は、「リッチェル」のプラスチックで出来た鉢を使いますが、テラコッタでもかまいません。

最近のプラスチックの鉢はとても優秀なものが多く、

「プラスチック鉢だからダメ!!」

なんてことはありません。

むしろ、安価な素焼き鉢よりも、優秀なプラスチック鉢が沢山ありますよ。

中でも、私がお勧めするプラ鉢は、鉢底石を使わなくても土が落ちず、通気性が抜群に良いザル目構造。
また、下に空気の通り道が出来るので、ナメクジの住処にもなりにくい。本当にビックリです。


バラの苗木

バラの苗木は、お好きなものをお選びください。

よく、鉢植え向きとか、地植え向きとか、言われますが、大きくなる品種ほど、鉢植えで栽培することによりコンパクトにすることができますよ。

たとえば、一説には20m伸びると言われている「フランソワ・ジュランビル」

こんなバラでも、鉢植えで、根の伸びを制限させることにより、狭い空間でコンパクトに仕立てることが可能です。

ちなみに、京成バラ園芸では、

4月~6月までは新苗の販売時期(春の新苗)

10月~12月までは大苗の販売時期(秋の大苗)

となります。

参考までに

大苗と新苗は8号鉢で植え替えをお勧め

6号鉢に植えられているバラは10号鉢に植え替えることをお勧めします。

これから、大苗の季節、ぜひ、色々なバラを植える計画を立ててみてはいかがでしょうか。


バラの培養土

バラの専用培養土は色々出ていますが、私の一押しはコレ!!

…製品情報はこちら

下のほうに、シワがよった、私の笑顔が見えるでしょうか ?(笑)

余談ですが、この土を作っていただいた担当者の方には、本当に感謝をしております。

なぜならば、私のワガママを全部、快く引き受けてくれたんです。


大川原:「従来のバラの土の価格をそのままにして、土のグレードを上げてください」

土の担当者:「最大限に努力します」

1回目の試作品が出来たときには・・・

大川原:「この土は、粒子が細かすぎ、もう少し赤玉と鹿沼をふやせませんか?」

私のワガママで、何回も作りなおした、この用土。


完成品が出来た時、私は担当者の方にもう1つお願いをしました。

大川原:「袋のインクが、はげやすいのでなんとかなりませんか?」

土の担当者:「もう勘弁してくださいよ、大川原さん!!」

土の担当者:「重要なのは表ではないですよ!!」

大川原:「えっ・・・・・」

土の担当者:「中身ですよ、中身・・・・、いくらイケメンでも、中身が空っぽだと、女の子にもてませんよ!!」

こんな感じの会話があったとか、なかったとか・・・・

低価格で素晴らしい土の開発、本当にありがとうございました。

この場を借りてお礼を申し上げます。


バラの元肥

植物を植える上で一番重要となるのは、元肥です。

私は趣味で家庭菜園を行っているのですが、野菜を育てる上で一番大切なのは、植え付け前に行う「元肥」こそが一番重要だと思っております。

私が子供の頃は、油粕に骨粉、魚粕や鶏糞など、色々な配合で混ぜ合わせ、皆、試行錯誤を繰り返し、自分だけのオリジナル肥料を配合していたものです。

しかし、今は、わざわざ何種類の肥料を配合しなくても、単品で使えるものが多くなってきました。

今まで使ってきた肥料で、コレほど良い肥料に出会ったことはありません。

どの肥料よりも、植物の生育が格段に早いのです。

植物達は、初期成育の、体が小さい頃に病気や虫の被害にあうことで、生育がどんどんと遅れてきます。

その時、決め手になるのが初期成育を助けてくれる元肥なのです。

この元肥、一度使ったら手放せなくなる肥料です。

子供の頃から、色々な肥料を使ってきた私だから言えることかもしれません。

…製品情報はこちら


バラの追肥

いくら元肥をあげても、肥料はいつか尽きるもの。

その時、元肥がなくなったことを感じさせずに、ストレスなく食事を与える。

これが、追肥の役割です。

この肥料、一度使ったら、もう、他の肥料には戻れない。

それほど「完成度の高い肥料」なんです。

私が子供の頃から思っていた、まさに「理想の肥料」

実際にバラに使用してみると・・・・


新芽の伸びが速い

葉が肉厚になり、黒星病の発生が少なくなる

蕾の付く数が増える


何より驚いたのは・・・・・

何十年もたった「古い老木のバラ」から、新しい新芽がどんどん出てきて、枝の若返り(シュート更新)が盛んに行われるようになる。

こんな肥料は初めてです。

一度使えば、この肥料のよさが実感できますよ。

…製品情報はこちら


バラの液肥

人間の場合、かたよった食生活をおくっていると、ビタミンやミネラルが不足し、病気になり易い体になり、老化が早まるといわれています。

ですから、毎日、体に負担をかけない食生活が非常に重要となってきます。

一方、バラも、人間と同じ、かたよった食生活をすることにより、栄養失調になったりメタボになったりします。

「バラも人間も同じだなー」

私は常日頃より、こう考えている事が多いですね。

この肥料、人間にたとえるならば・・・・・


元肥は、授乳食

追肥は、毎日食べる食事

液肥は、食事で補えなかった栄養を補給する、サプリメント


今回お勧めするサプリメントがコレ!!


写真の左端の黒いパッケージは・・・

根・土壌集中活性液 バイタルV-RNA…製品情報はこちら

バラの初期成育の加速を早めてくれる素晴らしい液肥。

私は、苗木や小さいバラを育てるときには、この肥料を使います。

バラの初期成育の成長スピードが驚くほど早くなります。


写真の真ん中の赤いパッケージは・・・

液体補助肥料 ヴィコント064…製品情報はこちら

窒素の値が0と言う、花や実を中心に考えた肥料。

この肥料を、生育期にかけることで蕾や花の数がビックリするほど増える。

使ってみてビックリです。

ニ番目の花の大きさが、一番目とほとんど同じ大きさに!!

しかも、花の色が驚くほどしっかり出ます。


写真の右、カーキ色のパッケージは・・・

液体肥料 ヴィコント564…製品情報はこちら

生育を加速させるために使う肥料。

私は、バラの花が終わるタイミングで、必ずといっていいほど、この液肥を使用します。

効き目が一目瞭然です。

成長加速が驚くべき速さ。

私が管理している、つるバラなどは、1回目の花が咲き終わってから、たった2~3ヶ月でベーサルシュートが3~4m伸びてしまいました。

育ちが悪いバラには、ぜひ、試してもらいたい一品です。


その他の道具

今回、苗木を植えつけるにあたり、あったほうが良い道具の紹介です。


土をのせたり、混ぜたりする容器

この容器は、何て呼ぶのでしょうね。(笑)

昔は、ダンボールを使っていましたが、溝に土がはさまるし、すぐフニャフニャになって使いにくかった思い出が、とても懐かしく思える今日この頃です。

あとになって、鉢の丸くて大きい受け皿なども使いましたがこれもまた使いにくい・・・・

色々試して見た結果、最終的に、この四角い容器におちついています。

とっても、使いやすい、場所もとらない、溝が浅いのに、こぼれにくい。

こんな便利な園芸用品があるんですね(笑)


ジョロ/ジョウロ/如雨露

私が、最近、愛用しているジョウロです。

プラッスチックで出来たものは、年数が立ってくると色あせて汚くなってしまいます。

しかし、このジョウロは、使うたびに味が出てくるジョウロです。

このジョウロを、あと30年くらい使い続け・・・・

「このジョウロは、わしが、若いころから愛用しているジョウロじゃ~」

などといってみたいものですね(笑)


今回は前編と言う事で、ここまでの紹介です。

さて、来週のバラコラムは、このアイテムを使い、いかにバラを上手に植えていくかをご紹介いたします。

園芸暦37年の大川原がたどり着いた、究極のバラの植え方!!(笑)

名付けて「大川原式 バラ植え 改」 (!!???) 

皆様、道具を備えて、次週に待機していてくださいね。