お散歩日記

来て欲しくもあり、来てほしくもなし…

お散歩日記

no.326

ガーデナー:小河

暖冬だと言われていた今年の冬は、びっくりするくらい暖かく、本来であれば寒さじっとしているはずのバラたちもすでに芽を動かしています。まだ冬作業は終わっていないと言うのに。こんなに春に待っていてほしいと思う年はありません。

河津桜もいい感じに咲いてきました。
河津桜もいい感じに咲いてきました。嬉しくもありですが…。

園内の冬作業もラストスパートです。整形庭園内の剪定はほぼ終わり修景バラや細かいエリアを残すのみとなりました。

ガーデンセンターのスタッフにもお手伝い頂いての寒肥作業も春に追い越されないよう、急ピッチで進めています。

狭いバラの間の寒肥はなかなか大変なお仕事です
狭いバラの間の寒肥はなかなか大変なお仕事です。

しっかり剪定した後の姿もカッコいいんです
しっかり剪定した後の姿もカッコいいんです。

今年はお引越しがおおくなりました
今年はお引越しがおおくなりました。

もう少し待っていてほしいと思う春ですが、やっぱり春は良いものです。

マンサク
マンサク

シダレウメ
シダレウメ 流れの中州付近良い香りです。

池のほとりのシダレウメ
池のほとりのシダレウメ 見頃となりました。

スイセン
スイセンもあちらこちらで見頃です。

※撮影は2020年2月19日です。