京成バラ園芸株式会社 京成バラ園芸株式会社 華道家假屋崎省吾
ショウゴ エレガン

2011年10月26日(水)に、目黒雅叙園で開催された展覧会「華道家 假屋崎省吾の世界-花の絆-」のオープニングレセプションにおいて、假屋崎省吾氏の名前が付いた新品種のバラ「ショウゴ エレガン」を発表いたしました。エレガンはフランス語で、"優美"を意味します。

シックなラベンダーピンク色の大輪花は、美しくもどこか神秘的で、花保ちが非常に良い事も特徴です。假屋崎氏の斬新かつ華麗な世界観を表すこのバラは、見る人を魅了する一品です。

切花用としてブライダルをはじめ様々なアレンジメントに最適な為、多くの皆様にお楽しみいただきたい品種です。

「ショウゴ エレガン」の発表は、当社ローズガーデンが2010年に"恋人の聖地" に認証された事を機に、「皆様に愛される新しいバラを誕生させたい」という思いから、恋人の聖地選定委員でもある假屋崎氏の名前をいただき、実現しました。

発表会の模様は、こちら

購入方法
・全国の生花店


※写真クリックで拡大写真が表示されます
10月26日の発表会は、目黒雅叙園のチャペル「ヴィラ ディ グラツィア」にて行われました。
会場の暗転後にバラが登場し、白が基調のチャペルに「ショウゴ エレガン」が浮かびあがりました。バックの紫の光とあいまって、会場はとても神聖な雰囲気に包まれ、息を呑んでバラを魅入られるお客様もいらっしゃいました。
その後、假屋崎氏と当社社員 久田がトークを行い、假屋崎氏は「花保ちが良いバラなので、今の時代にぴったり。皆さんショウゴ エレガンをお花屋さんで注文してください。」とバラを紹介してくださいました。
華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評される。神田うの氏、小池栄子氏の結婚披露宴における会場装飾、ブーケを担当。フジコ・ヘミング氏、槙原敬之氏らと花と音楽、桂由美氏、森英恵氏らと花とファッションのコラボレーション、きもののデザインを手掛ける。近年では花と歴史的建造物をコラボレートさせた個展"歴史的建造物に挑む"シリーズを開催。また、イタリア・ローマ映画祭でのフラワーインスタレーションを始め、フランス・プティパレ宮殿での個展を開催するなど、国際的にも活躍中。現在TBS「中居正広の金曜日のスマたち」へレギュラー出演中。
京成バラ園芸トップページへ戻る
copy_right